deve.K

エンジニアが未来を切り開く。

中年のキャリアをエンジニアに変えるための考慮すべき要因

PCを操作する中年男性

この記事では、30〜40代または50代以降でプログラミングへのキャリアチェンジを考えている読者様に向けた記事となっております。

30歳でコーディングを学び始めたばかりの方でも、40歳でソフトウェア エンジニアになる方でも、50歳で再訓練する方々に、30代半ば現役プログラマーの私があなたに後押し出来ればと思っております。

プログラミングはハードなスキルを必要とする分野です。

まず、人によって効果的な方法は異なりますが、キャリア全体を通じて、常に新しい問題に頻繁に遭遇するため、必要とされる最小限の独学が常にあることを覚えておいてください。

プログラミングは最終的には独学です。

ソフトウェアエンジニアの年齢制限

考える中年男性

中年でソフトウェアエンジニアリングに興味がある場合、ある時点で『ソフトウェアエンジニアになるには歳を取りすぎているのではないか?』と自問したことがあるかもしれません。

年齢差別は現実のものであり、他人の偏見を克服するのは難しい場合があります。

一部の業界では一般的な入社年齢制限が設けられています。

あなたが、人生の後半でキャリアを変えることを計画している場合、ソフトウェア開発者の年齢制限について大まかな考えを持つことは重要です。

ソフトウェア開発者になるのに年齢制限はあるのか?

これに関しては、ソフトウェア開発者に年齢の上限や下限はなく、いつでも業界に入ることはできます。

ですが、プログラマー90%は45歳未満がほとんどです。

これは日本だからという事ではなく、世界共通でもあります。

業界で働く人々のタイプについては多くの固定観念があり、年配の開発者は仕事を見つけるのがより難しいと感じているという報告は数あります。

つまり、これは誤解と固定観念に基づいています。

例えばあなたが40歳以上で、ソフトウェアエンジニアになることに興味がある場合は、これらの神話に気をとられないようにすることが不可欠です。

『すぐに仕事を得るという考えを捨てなさい。』

あなたのことを考えない人もいます。

しかし、人生経験や知恵を大切にする人も中にはいます。

そこには素晴らしい仕事があります。

しかし、それに到達するには時間と労力そして忍耐がかかりますが、それは良いことです。

これが簡単なら、誰もがそれを行う事でしょう。

先述した通り、ソフトウェアエンジニアに年齢制限はなく、テクノロジー業界はあらゆる年齢の人を受け入れています。

しかし、ソフトウェアエンジニアリングの人口統計は偏っており、若者が非常に多くなっております。

これは、データがあります。

2022年Stack Overflowの調査で調査されたプロの開発者のうち、45歳以上であると報告したのは10%未満でした。

Stack Overflow

Stack Overflowはコンピュータや情報技術、特にプログラミング技術に関するナレッジコミュニティです、プログラマーに特化したQ&Aサイトであり誰でも質問や投稿が可能です。

世界中のエンジニアの80%がプログラミング中に何かしらの問題が発生した際は、このStack Overflowにアクセスします。

また、調査で回答者の81%が毎週Stack Overflowにアクセスし、53%が毎日アクセスしています。

上記のようなデータから、この業界は40歳で開発者になりたい人を歓迎していないと推測するのは簡単です。

統計がどうでもいいとしても、プログラミングは年齢の影響を大きく受ける分野なのは変わりません。

エンジニアになるのに最も最適な年齢は20代です。

進歩し、キャリアのはしごを上るのに最も多くの時間を与えてくれます。

しかし、これは30〜40代または50代でキャリアを変えようとしている人々が新しいスキルを学ぶことを思いとどまらせるべきではありません。

業界のほとんどの人が非常に若いのにはいくつかの理由があります。

テクノロジーは急速に変化しているため、ほとんどの人が大学などで学んだことは、数年後にはすでに時代遅れになっています。

業界自体も、世界で最も急速に成長している業界の1 つであり、より多くの人々が参加することを奨励しています。

ソフトウェアエンジニアリングを退職する人の数は、入社する人の数よりもはるかに多くなっております。

これらの人々のほとんどは若いので、平均年齢は大幅に低下しています。

ですが、プログラミングの最大の利点は、何歳からでも基本を学べることです。

あなたが40代で、仕事を楽しんでいないなら、プログラマーになるのに最適な時期は今です。

年齢に関係なく、常に多くの機会があります。

ある、海外の記事で42歳でWeb開発者になった男性の記事を読んだ事があります。

彼は、4人の子供の父親でありながら、薬物中毒と闘い、新たな道としてソフトウェアエンジニアとして目標を達成したというお話しです。

日本ではTVのCMで話題になった、81歳の女性が独学でゲームアプリ開発者として世界最高齢のエンジニアとなった方もいます、彼女は下記のように仰っていました。

『アナログ時代を生きてきた私たちシニアが、デジタルのスキルを身につければ鬼に金棒です』

あなたが別の分野で豊富な経験をお持ちであれば、ソフトウェアエンジニアとしてすぐに進歩することは難しくありません。

現在の仕事に不満がある場合、そのタイプの仕事が好きなら、ソフトウェアエンジニアリングに挑戦する価値があります。

どんなキャリアにも完璧な年齢はなく、すでに習得している経験が大きな影響を与えます。

ですが、もちろんあるキャリアから別のキャリアに移行するときに、別の方法で対処しなければならないリスクがあります。

年齢制限だけではなく、考慮すべき多くの要因があり、リスクを冒すかどうかはあなた次第です。

それら要因を見ていきましょう。

考慮すべき要因

時間管理

プログラミングスキルの勉強または復習には、間違いなく時間管理が必要です。

時間を確保して基本を学ぶ必要があります。

特に、スクールを受講することにした場合は特にそうです。

まったく勉強せずに技術応募は可能なのか?

もちろん可能ですが採用される可能性は、ほぼありません。

しかし、勉強を終えるまで応募するなと言っているのではありません。

勉強と仕事への応募を同時に行う必要があります。

これは、すでに社会人として働いてる人や育児などに時間をとられている方にはかなりのハードルとなります。

働きながら、勉強を続けかつ転職活動をしなければなりません。

再訓練の場合では時間がかかります。

プログラマーになるには、1年間で最低でも1200時間の学習が必要と言われています。

プログラマーは、コード行を覚えること以外にも心配する他のことがたくさんある為です。

コーディングを学ぶことは簡単ではなく、一定の期間にわたる一貫した努力が必要です。

空いた時間に新しいことを学ぶことに時間を費やさなければならないでしょう。

給与

妻子持ちあるいは父子家庭の方は特に注意が必要です。

給与に関するリスクです。

給与に関しては、日本の企業では低いという事を念頭に置いてください。

よくエンジニアは稼げる、給与が高いと聞いた事があるかと思いますが、それのほとんどは海外であり、日本ではそれは広告宣伝の謳い文句です。

米国では年間平均93,817ドルを稼いでいます。

つまり平均年収は1000万〜1200万です。

海外のエンジニアの平均年収は国によって異なってきますが日本企業よりも平均的に2倍は高いです。

ゼロから始めるため、エンジニアのどの職種にもよると思いますが、ほとんどが前職からの給与が日本では低いことです。

したがって、リスクを冒して数年後に給与を2倍にするか、現在の道にとどまるかは完全にあなた次第です。

資金

追加の資金が必要になります。

これは独学では、当てはまらない場合があります。

つまりは、スクールに使用するか、仕事を辞めてテクノロジー業界に参入することを決めた場合、またはリスクを負うために必要な追加の資金を使用する場合となります。

家族の生活を維持しながら、費用を前払いするのは難しい場合があります。

また、大学へ進学し、コンピューターサイエンスの学位を取得してソフトウェアエンジニアとして再訓練することにした場合、その費用は莫大となります。

もちろん、大学だけが選択肢ではありません。

あなたのスケジュールに合わせて技術トレーニングをより柔軟にするために使用できる戦略はたくさんあります。

毎日少しずつ学ぶ

いつでもどこでもできるオンラインコースを選ぶ

最も生産性が高い時間を特定する(時間帯、曜日など)

下記は2022年でのStack Overflow学習方法調査結果です。

Stack Overflow学習方法

45歳以上の回答者は本から学んでいる可能性が最も高く、それより若い回答者はオンラインで学んでいるそうです。

ソフトウェアエンジニアになるために必ずしも特定の種類の学位や資格が必要なわけではありません。

また、ソフトウェアエンジニアリングの資格は絶対に必須ではありませんが、ほとんどのソフトウェア開発者およびエンジニアは、少なくとも何かしらの資格を取得しています。

資格がなくても開発者になることは可能ですが、少なくとも資格を取得していなくても仕事に就くには、優れたプログラミングスキルと開発の実績が必要です。

自分で物を沢山作って下さい。

新しいコーディングキャリアのスキルを試す確実な方法は、独自のプロジェクトを開始することです。

ソフトウェアエンジニアリングに関連する分野で貴重な経験があれば、それは年齢や学歴よりも重要です。

学ぶ意欲

Go up and never stop.

あなたがソフトウェア エンジニアになりたい場合は、学ぶ意欲が必要です。

就職または転職ができたとしても、最初の役職に就いた後も、学習は止まる事はありません。

テクノロジーの変化に合わせて、常に改善と適応を続ける必要があります。

数年前にあなたが学んだことは、役に立たないかもしれません、これは年齢に関係なく、どのエンジニアにとってもイライラする可能性があります。

学ぶのが好きでなければ、この分野は向いていないかもしれません。

ソフトウェアエンジニアとしての能力を高めるには、最新のトレンドに遅れずについていくことに積極的である必要があります。

新しいことを学ぶのが楽しいと思うかどうかを理解することは価値があります。

『この歳になってもコーディングの仕方を学べるだろうか』と疑問に思っている方も多くいらっしゃるかと思います。

この分野で新しい事を学ぶので、時間はかかるかもしれません。

学習を始める前にあなたが『そもそもなぜ、エンジニアとしてコーディングをしたいのか??』を明確にして下さい。

まずは、自分の動機と目標を評価する必要があります。

プログラマーはコードを暗記することを心配する必要はありません、コーディングスキルは書けば書くほど自然に覚えやすくなります。

手を動かし、自然と身につけるべきものです。

最も最新の状態を維持する方法を見つけることです。

吸収すべき情報がたくさんあるのはテクノロジーの世界です。

そして、吸収し学んだ事はソフトウェアエンジニアは定期的に書くべきです。

ソフトウェアエンジニアは、定期的にブログを書いたり、日記を書いたり、ドキュメントを書いたりする必要があります。

また、一般的には書面によるコミュニケーションスキルを保つために必要なことは何でも行う必要があります。

書くことは、自分の問題について考えるのに役立ち、それらをチームや将来の自分とより効果的にコミュニケーションするのに役立ちます。

優れた書面によるコミュニケーションは、ソフトウェアエンジニアが習得すべき最も重要なスキルの1つです。

Web開発分野の進化する性質により、仕事が退屈になることはまずありません。

年齢制限はありませんので、楽しんでいただければと思います。

業界の知識

技術職に応募するときは、コーディングスキルだけでなく、業界の専門家としても重要です。

まず、根本的なエンジニアという用語が一体何なのか?ここからしっかり学んで行く必要もあります。

エンジニアと言えど、コンピューターだけではございません。

橋、トンネル、建物、道路、車、飛行機、コンピューター、化学薬品、人工知能宇宙機器、電子機器、ソフトウェア、スポーツ用品、食品、人工身体部品などが含まれる可能性があります。

最終的に、エンジニアは問題解決者です。

数学、科学、またはテクノロジーを使用して、自分の得意分野内の課題に対する解決策を見つけます。

このように、業界について深く知る必要があります。

沢山の分野で魅力的なキャリアパスになる理由はたくさんあります。

これはエンジニアになるための重要な初歩的なステップです。

アドバンテージ

中年がITのキャリアを開始した場合の、若い人に比べて特別なアドバンテージはあります。

先述で少し触れましたが、あなたには既存のスキルがあります。

あらゆる分野であなたは活躍してきたはずです。

これまでの業界知識とスキルを活用して、この業界に足を踏み入れることができます。

あなたはすでに、仕事の世界での経験が豊富でありベテランです。

好きな事と嫌いな事(長所と短所)などを若い人より、より理解しているはずです。

これはキャリアパスを選択しやすくなります。

テクノロジーの世界には、開発者やデザイナーだけでなく、さまざまな道があります。

あなたのこれまでのキャリアと習得したスキルにより、これらの役割のいずれかに自然に適合する可能性があります。

時間をかけてさまざまな選択肢を検討し、過去の経験がどのように役立つかを考えてください。

そして、エンジニアはコーディングだけではなく、もちろんコミュニケーション力も必須級です。

あなたには、すでに多くの知り合いがおります。 

中にはIT業界で長年活躍してる知人もいるかと思います。

これは、開発者またはソフトウェアエンジニアとしての最初の仕事に就くための紹介を得るのに役立つ場合があります。

中年にしかないアドバンテージは数多くあります。

それを最大限にこの分野に活かして下さい。

個人プロジェクトの構築

必ずしもキャリアを変える必要はありません。

特定のテクノロジー(技術)にコミットせずに手を出したい場合は、個人プロジェクトを構築するのが最適です。

自己ホスト型の個人ポートフォリオWebサイトまたは単純な予算管理ツールを作成することは、素晴らしいスタート地点となります。

ヒントは、ポートフォリオを構築するときは、量よりも質に重点を置いてください。

ですが、プロジェクトの詳細はあなた次第となっております。

HTML・CSSJavaScriptを使用した黄金トリオがございますが、コーディングフレームワークの広大なエコシステムに少し怯えている場合はScratchを検討してみて下さい。

もともと子供向けに設計されたScratchは、年配の大人が嘲笑するものではありません。

この言語により、開発者はオンラインのインタラクティブコミュニティ内でインタラクティブメディア、アニメーション、ストア、およびゲームを作成できます。

MITメディアラボによって開発されたScratchは、年齢に関係なくコーディングへの穏やかな導入を提供してくれています。

最後に

何歳になっても、プログラミングにキャリアチェンジするのは本当に気が遠くなるような気がします。

人々は皆『価値のあるものは簡単に得られるものではありません。』

これは、年齢に関係なく決して簡単なことではありません、あなたにとって大きな目標となるでしょう、水滴石穿の気持ちで挑んで下さい。

小さな努力でも根気よく続けてやれば、最後には実を結びます。

テクノロジーは、独自の専門用語や文化などを備えたまったく新しい別世界です。

これは私がこの分野にいる理由の一つでもあります。

数十年の人生経験を持つ大先輩の人なら知っているように、私たち皆が最も後悔する瞬間は、挑戦して失敗した瞬間ではなく、最初から挑戦しなかった瞬間だと思います。

今始めるかどうかに関係なく、時間は過ぎていきます。

しかし、遅すぎるとは思わない事です。

どの年齢でもプログラマーになることは可能です。

あなたがしなければならないのは、挑戦することだけです。

もしテクノロジーがあなたの情熱に火をつけるものなら、あなたはそれを試してみる価値があるはずです。

本日は以上となります。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

プライバシーポリシー