deve.K

エンジニアが未来を切り開く。

WebサイトとWebアプリの違い 知っておくべきこと 基礎

WebサイトとWebアプリの違い

ウェブ開発とモバイルアプリ開発を専門とするプログラマとして、私たちはクライアントとそれぞれの目的について頻繁に話し合い、それらを区別する方法を説明してきています。

そのため、これら2つの主な違いを指摘するガイドを作成することを考えました。

いくつかのトリックを知っていれば、それらを区別するのは本当に簡単です。

本日は初心者様にこれらを解説致します。

完全なデジタル時代に移行するにつれて、Webサイトの人気がますます高まっております。

2022年では世界的にも、中小企業の71%以上がWebサイトを保有しております。

保有していない場合、ワールド・ワイド・ウェブ(WWW)の時代において、現代の世界で生き残ることは困難となります。

ただし、Webサイトを必ず持っていなければならないというわけではございません。

つまり、WebサイトではなくWebアプリの構築を選択する事が可能です。

では、WebアプリとWebサイトの違いは何??

どちら選択してもそれぞれ長所と短所があり、どちらがビジネスに適しているかを判断するのは難しい場合がございます。

WebサイトとWebアプリケーションの主な違いを詳しく見て、ビジネスとそのニーズに最適な決定を下せるようにしときましょう。

Webサイト

Webサイトは、単一のドメイン名を持ち、それを介して接続された相互リンクされた公開Webページの集まりです。

個人、企業、または組織が開発および保守できます。

Webサイトは、さまざまな目的に役立つことを目指しています。

Webサイトは、単一または複数のWebサーバーでホストされており、インターネットなどのネットワークや、IPアドレスを介したプライベートローカルエリアネットワーク経由でアクセスします。

つまり、インターネット上で一緒にホストされる一連のWebページとなります。

すべてのWebサイトには、Webサイトにアクセスしたときに最初に表示されるホームページがあります。

ホームページには、Webサイトの他のすべてのページへのリンクが表示される可能性があります。

それらのリンクのいずれかをクリックすると、Web サイトの別のページに遷移(移動)します。

では、それらはどのように機能しているのか?

Webサイトは 、HTML、CSS、およびJavaScriptで記述されたコードで構成されています。

通常では、それらはstatic(静的)とdynamic(動的)の 2つの主なカテゴリのいずれかに分類されています。

静的Webサイトとは、新しい訪問者がサイトにアクセスしても変更されない、事前に作成されたHTMLコードを持つWebサイトです。

すべてのユーザーに対して同じコンテンツを表示します。

これは、静的Webページは通常、データベースに接続せずに独立して構築されます。

一方で、動的Webサイトは、PHPC#Pythonなどのサーバー側プログラミング言語で記述されています。

訪問者がページをロードするたびに、新しいコンテンツを生成できます。

最新のWebデザインツールを使用し時間、場所、日付などのさまざまな要因に応じて、さまざまなコンテンツをユーザーに表示します。

CSSJavaScriptの使用に加えて、Webサイトの開発者は、データベースやより高度なプログラミング言語も使用し、ユーザーとのバックエンドの対話を容易にします。

より複雑でインタラクティブなWebサイトは動的Webサイトと呼ばれます。

それらが構築されたら、サーバーでホストできます。

これらは、Webサイトを構成するすべてのファイルを格納するコンピューターです。

ですので、あなたおよび他の誰かがGoogleなどの WebブラウザにURLを入力すると、Webサイトをホストするサーバーに要求が送信されます。

要求が送信された、サーバーはWebサイトを構成するファイルを送り返し、ブラウザはそれらをWebページとして表示します。

ただし、スマートフォンタブレットのアプリを使用してWebサイトにアクセスすることもできます。

ここが、ほとんどの人が混乱し始めるところです。

例えば、スマートフォンでWebサイトが見られるとしたら、それはWebアプリだと思いますか?

技術的にはそうではありません。

しかし、ほとんどのWebサイトにはWebアプリが含まれております。

Webアプリケーション

Webアプリケーションは、Webブラウザからアクセスできるオンライン ソフトウェアの一種となります。

つまり、任意のWebブラウザを使用してアクセスできるソフトウェアまたはプログラムであるとも言えます。

Webアプリは非常にカスタマイズ可能で、幅広い機能を実行できるため、一般的に構築が難しく、経験豊富なソフトウェア開発者チームが必要となります。

モバイルアプリやデスクトップソフトウェアとは異なり、デバイスにWebアプリをダウンロードしインストールする必要はありません。

Webリンクから簡単にアクセスが可能です。

通常のWebアプリケーションはさまざまなプラットフォームで使用可能です。

LinuxWindows、および Macが含まれ、これらはすべて最新のブラウザと互換性がございます。

Webアプリケーションの主な目的は、ユーザーがオンラインコースの管理、事業費の追跡、広告アカウントの管理などの特定のタスクを実行できるようにすることです。

そして、ほとんどのWebアプリケーションは動的であり、サーバー側の処理が必要であるという事実です。

オンラインフォーム

ショッピング機能

ビデオと写真

ファイル変換

これらのような、サーバー側の処理を必要とするアプリは動的であり、そうでないアプリは静的です。

アプリケーションは、通常HTML、React.js、Vue.js、Laravel、Node.jsなど、ブラウザがサポートする言語とフレームワークで開発されます。

また、プレーンなCSSJavaScriptで構築されたものもあり、サーバー言語はC#PythonPHPJavaなどさまざまです。

バックエンドではLAMPやMEANなどの任意のプログラミングスタックを使用できますが、モバイルアプリとは異なり、Webアプリケーションを開発するための特定のSDKはございません。

類似点

基本的な事ですが、WebサイトとWebアプリの両方にアクセスする際には、インターネット接続が必要です。

これは、どちらもインターネットアクセスを必要とするサーバーでホストされているためです。

また任意の標準Webブラウザを介し両方にアクセスすることも可能です。

どちらも、さまざまなプログラミング言語を使用して、WebサイトおよびWebアプリの両方を構築できます。

HTML、CSS、およびJavaScriptが含まれます。

どちらも、ビジネスのサービスや製品などをホスティングおよび宣伝するための便利なオンラインツールとなります。

違い

多くの人は、WebアプリはWebサイトの進化の次の段階であると主張する方がいます。

それでも、これら2つのテクノロジには考慮すべき重大な違いがあります。

最大の違いは、Webアプリは特定の機能やサービスを提供するように設計されているのに対し、Webサイトは一般にユーザーに情報を提供するように設計されていることです。

つまり、複雑性です。

Webアプリケーションは、Webサイトよりもはるかに複雑です。

Webアプリにアクセスするために、あなたまたは他のユーザーがアカウントを作成するか、ポータルにログインする必要がある可能性がございます。

これはWebサイトには当てはまりません。

Webサイトでは、インターネット接続があれば誰でも簡単にアクセス可能です。

最新のWeb開発標準により、Webサイトはよりインタラクティブになりましたが、それでもWebアプリケーションに比べて比較的簡単に構築できます。

Webアプリケーションはサービスと機能をシームレスに提供する必要があるだけでなく、バ​​ックエンド サービス、さまざまなユーザーレベルおよびデータ処理機能も必要とします。

さらに、Webアプリケーションのセキュリティにはより高度なソリューションが必要となります。

コンパイルでは、Webアプリは展開前にプリコンパイルする必要があります、しかしWebサイトでは事前にコンパイルする必要はありません。

Webサイトは小さな変更では、完全な再コンパイルと展開が必要になることはありません。

HTMLコードを更新するだけです。

必要なリソースでは、Webサイトの構築に割り当てられる時間の大半は、コンテンツとWebサイトのアーキテクチャの作成に費やされます。

Webアプリの作成に費やされる時間のほとんどは、機能の開発に費やされます。

類似点でも触れた通り、Webアプリケーションは、Webサイトと同じWebテクノロジー(JavaScript、HTML、CSS など)で構築できますが、アプリはPHPフレームワーク、サーバーサイドスクリプトなどのより高度なプログラミング言語も使用する必要があります。

ユーザーが積極的にWebアプリケーションと対話するため、 UX/UI設計はWebアプリケーションにとってより重要です。

それぞれのメリットの特徴を下記に示します。

Webサイト

高品質で関連性の高いWebコンテンツが豊富に表示されます。

ビジネスをオンラインで宣伝でき、サービスや商品を紹介できます。

ユーザーフレンドリーなナビゲーションとWebデザイン。

Googleなどの検索エンジンで簡単に検索できます。

Webアプリ

クラウドでホストされ、拡張性が高い。

Webアプリは、複数のプラットフォームとオペレーティングシステムで実行できます。

特定のプロセスを自動化したり、他の人の生活の一部を改善したりする製品を構築できます。

Webアプリの開発プロセスは、iOSAndroid、およびその他のオペレーティングシステム用に個別のアプリを構築する必要がないため、モバイルアプリの開発プロセスよりも時間がかかりません。

WebサイトとWebアプリは似ているように聞こえますが、エンドユーザーがそれらを操作する方法は異なります。

10人にWebサイトとWebアプリケーションの違いを尋ねた場合、10の異なる意見が返ってくる可能性がございます。

しかし、すべてのベースラインは同じです。

Webアプリは、ユーザーがサイトを制御して操作できるようにするものです。

デメリット

Webサイト

Webサイトがクラッシュする可能性がありますが、これは誰にとっても良くありません、これはビジネスにとって最大の欠点です。

Webサイトに公開されているお問い合わせフォームは、大量の不要なスパムメールを招く可能性があります。

Webサイトの情報は、定期的に更新されていないと、信頼できないものになる可能性があります。

Webアプリ

セキュリティが保証されていないため、不正アクセスに対して脆弱です。

Webアプリは、優先順位が同じ複数のブラウザをサポートしていない場合があります。

Webアプリは、特定のオペレーティングシステム用に明示的に構築されているため、アプリストアから見つけるのは困難です。

バイスの機能にアクセスするための制限されたスコープ。

適切な選択は?

WebサイトとWebアプリの違いについて理解を深めたところで、どちらがビジネス要件に適しているか疑問に思われることでしょう。

これはかなり、難しい決断になる可能性があります。

ユーザーがWebサイトに登録したり、ストアから商品を購入したりできるようにする場合、WebサイトとWebアプリケーションの境界線が曖昧になります。

この質問について考える最も簡単な方法は、自分の目標とビジョンを想像することです。

ビジネスや提供する製品やサービスをユーザーに知ってもらいたい場合は、おそらくWebサイトが最適と言えます。

一方で、ユーザーにサービスを提供したい場合は、Webアプリケーションを開発する必要があります。

Webサイト開発者とWebアプリケーション開発者のどちらを選ぶかは、ビジネスの目標、提供する製品やサービス、顧客、その他の要因を念頭に置いてください。

まとめ

Webサイトは、単一のドメイン名を持つ、グローバルにアクセス可能な相互リンクされたWebページのグループです。

Webアプリケーションは、任意のWebブラウザを使用してアクセスできるソフトウェアまたはプログラムです。

Webサイトを開発すると、ビジネスのブランディングに役立ちます。

品質と関連性の高いWebコンテンツは、優れたWeb サイトの最も重要な特徴です。

クラウドでホストされ、高度にスケーラブルであることは、優れたWebアプリケーションの最も重要な特徴です。

最後に

Webサイトは通常、Webアプリよりも単純で開発が容易です。

機能よりも情報の提供に重点を置く傾向があります。

その結果、多くの場合費用が安くなり、より迅速に完了することができます。

時間とコストが主な懸念事項である場合は、Webサイトが最適な選択肢となる可能性があります。

対話性とユーザーエクスペリエンスが最も重要である場合は、Webアプリケーションの方が適している可能性があります。

ただし、少し単純でそれほど複雑でないWebサイトの開発とは異なり、Webアプリケーションの作成には、より多くの知識と経験が必要です。

どちらのオンラインツールにも長所と短所があり、その答えは最終的にプロジェクトの特定のニーズによって異なります。

本日は以上となります。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

プライバシーポリシー