deve.K

エンジニアが未来を切り開く。

English

初心者から独学でWebアプリ開発までになった方法


スポンサーリンク

アイキャッチ画像

本日は、まったくのプログラミング初心者だった私が

仕事をしながら独学でプログラミング言語を学びアプリケーション開発までできるようになった方法を書いていきます。

よく最短◯◯でとか誰でも簡単とかありますが、そこはほとんど詐欺に近いです、プログラミングは努力と忍耐、日々の積み重ねとなっています。

人によって左右され個人差あるので最短で貴方も出来るとは堂々と言えません。

私の場合は社会人として仕事をしながらなのでかなりの時間を費やしました。

現代では一般の方々でも『HTML5&CSS3』を気軽に学び始めそこから流れてプログラミング言語に入る人達が多くなってます。

HTMLは一応言語の内の1つと言われていますが、ここでは説明の為分けたいと思います!ご容赦下さい。

私事に関してですが、先に結論をおっしゃいますがHTMLはここの所しばらく全然コーディングしておりません。

ですがそれはフレームワークやライブラリを使わないHTMLファイルでのコーティングという意味です。

これはReactの影響の1つでもありますが

ReactのHTMLはほとんど放置状態なのでリンク関係の『head』内ぐらいしかやりません。

JSX記法といって、HTMLのように書けるのですが異なる所があります、そしてJSXはHTMLでは無いとう点からここ最近までは触ってこなかった事になります。

プログラミングを学び始め、ある程度プログラミングが出来るようになってくると特にHTMLは力を入れなくなってきます。

これは学んだ言語やライブラリによって違います。

職場によってはHTMLコーダーとプログラミングで分けている企業もあります。

目指す場所によりどこまで学ぶかをあなた自身で見極める必要があります(特に独学)。

Web制作とアプリ開発を同じだと思ってる方はその違いを勉強し目指す方向性を考え直してみて下さい。

つまりアプリ開発としてエンジニアになるはずなのに ホームページ作成ツールを学んでるなら いますぐ中断するべきだと私は思います。

その逆も同じ事が言えます。

この選択肢を間違えると、非常に無駄な時間を費やします。

最初に学ぶ『言語の選択肢』によって貴方のこれからの道が変わってきます。

勢いや軽い気持ちで選ばない事です。

なのでここをしっかりおさえれば、一気に学習コストが減り必要な所だけを覚えていけます。

これなら最短への近道とまで言えます

Web制作

Web制作を目指すのであれば、『WordPress』などの作成ツールおよび『Photoshop』『画像編集ソフト』などを学び『Git』も扱えるようにしときましょう。

  • 企業のホームページ制作

  • ランディングページ制作

  • オフィシャルブログ制作

などが基本的な仕事となります。

スキルはHTML&CSSだけではなく プログラミング言語は『JS/JQuery』『PHP/SQL』でのある程度の開発ができるように覚えておくようにして下さい。

他にはデザイナーとの連携なども重要視されてきます

JSのReactをせっかく学んだのに、職場で1度も使用しなかったって方が中にはいらっしゃいます。

Reactは本来アプリケーション開発のライブラリです。

ReactでのWebサイト制作も可能となっていますが

Webサイト制作の企業でReactを使用していく企業は日本では今は少ないはずです。

アプリ開発

アプリ開発にもジャンルはあります大まかに分けると

これらによってプログラミング言語の学び方も変わってきます。

基本的に『Git』や『Node.js』でのターミナル操作は使用できない方は話しにならないので必死項目となります。

アルゴリズムコーディング』つまり『データ構造とアルゴリズム』を学びます。

そしてプログラムがどのようにコンパイルされ解釈し実行されるかを学んで下さい。

そして任意の他の言語を学びます

例えば『Java』・『Ruby』『Python』などのバックエンド側の言語も覚えていく必要性があります。

本来であれば、Web業界ではキャリアが区別されています。

  • フロントエンド開発者

  • バックエンド開発者

  • MEANスタック開発者

ですが、現在のアプリ開発でのフロントエンド開発者はサーバー側・データベースもある程度は自身の力で対応できる方々が増えているのでサーバーサイド側(バックエンド)の知識も学んでおかなければなりません。

それだけではなく、システム開発の知識や基本的なスキルも必要とし3大クラウドサービスなどの学習は必須となっております。

それなりの高いスキルが要求されてきます。

スクールに受講したとしてもプログラミングは最終的には独学です。

そのプロセスを支援してくれる場所に過ぎません。

スクールを卒業後は言語・マシン・およびプログラムの独自のモデルを形成および改良していく必要があります。

コーディングを学ぶ事はさほど難しくはありません、ですがデバッグは難しいです。

デバッグ・テストなどプログラマーとして、あなたはコードを書くだけではなく、問題を解決するために雇われていることを忘れない事です。

優れたプログラマーの方だと、誰でも常にスキルを身に付けることができます。

最後に

現在、あなた自身が目指してるのを再確認し その道からズレが生じてる場合は修正して引き返し そこを重点的に学ぶようにしましょう!。

参考書や学習サイトはありふれてますそれを上手く活用し、余計な所は覚えずに必要な箇所だけを学んでいき時間の使い方には気を付けていきましょう。

希望の画像

そしてもし、あなたがエンジニアにならなかったとしても学んできた事は必ず近い将来で何か役に立つはずです無駄にはならないでしょう。

もう少し独学での詳しい学習方法を知りたい方はこちらの記事でも独学で学んでいく為の意識しておくべき事やReact専用ですがロードマップの記事がございます。

dev-k.hatenablog.com

dev-k.hatenablog.com

最後まで読んで頂きありがとうございました。

プライバシーポリシー