deve.K

エンジニアが未来を切り開く。

English

プログラミング初心者が1番最初に学ぶべき言語 オススメ


スポンサーリンク

javascript画像

プログラミング言語を学ぶにあたって、初心者はどのプログラミング言語を選び学んでいけば良いのか良く分からないかと思います

本日はそちらについて話していきたいと思います。

※当ブログのこの記事ではあくまでも私個人的にオススメしたい言語となります、ご了承下さい。

最初に学ぶプログラミング言語は…

先に結論から失礼します。

最初に学ぶべきプログラミング言語は、私的にはJavaScriptを強くオススメ致します。

同じフロントエンドのエンジニアの方々のほとんどが共感してくれていると私は思っています。

それではそのオススメの理由を説明していきます。

オススメの理由

プログラミング言語の中では『入門のハードル』は低めな言語で、特殊な開発環境を用意する必要がない為

環境構築が容易となります。

つまり、サーバー上で動かす他の言語『Python』『Ruby』『Java』以下省略

これらは、サーバー上で動く言語なので環境構築が必須となります。

この『環境構築』は中々に大変で難しいです。

初心者がいざやろうと思うと、まずプログラミングを始める前にこの『環境構築』でつまづき先に進めない状態になってしまい、時間を無駄に使いがちです。

JavaScriptはブラウザでWebページを『操作』するためなの言語なので『ブラウザ』と『テキストエディタ』さえあれば、他に環境構築を用意する必要性はありません。

JavaScriptプログラムの実行結果は貴方が使っているブラウザに表示され、分かりやすいのが利点であり、視覚的にもプログラミングをやっている実感を感じやすくなります。

ブラウザにも色々と種類がありますが、JavaScriptではブラウザによって挙動が変わってきます、ですが

基本的にはあまり深く考えずに『Chrome』で動くコードを書いていけば他のIEでも問題ないかと思います。

JavaScriptを『HTML』および『CSS』と組み合わせると、インタラクティブで魅力的なWebサイト作成が容易となります。

多用途

プログラミング言語では様々な便利なツールなどがありますが

JavaScriptでは『エコシステム』が巨大です

JavaScriptエコシステムは、ソフトウェアパッケージ・ライブラリ、およびその他のリソースのコレクションであり、

相互に統合することで開発を促進させます。

これらのツールはさまざまなデベロッパーやプロバイダーによって作成されています。

Gmail』『Facebook』『Instagram』『Twitter』などの人気のあるWebサイトは、JavaScriptに大きく依存しているんです。

Python』『Perl』『JavaScript』これらは遥かに優れた『資産ライブラリ』を保有しております。

つまりJavaScriptに精通すると選択肢の幅がさらに広がります

『Angular』『Vue.js』『React.js』『Next.js』を使用してWebサイトのクライアント側(フロントエンド)でコーディングが可能となります。

『Node』を使用してWebサイトのバックエンドでコーディングするための優れた言語でもあり

JavaScriptには静的型付け呼ばれる『TypeScript』となるものがあります。

この『TypeScript』は日本でも近年、使われるようになってきており世界的にみても勢いに乗ってきているので、使えるか使えないかで貴方のプログラミングスキルに影響を与えます。

学ぶ環境

多くの人が、『新しい言語がたくさんあるのに、なぜJavaScriptを学ぶのか?』

『Rust』『Go』『Swift』などの比較的新しい言語も急速に人気が高まっています。

ですが学ぶ為の方法などは、多いのかと言われるとそんな事はありません。

JavaScriptでは『初心者向けのチュートリアル』や『YouTubeでの入門講座動画』『書籍』多くの教材が溢れています。

『C ++』『Python』『Java』などの言語と同じように、JavaScriptオブジェクト指向・関数・および命令型のプログラミングをサポートしています。

つまり、JavaScriptに完全に精通していて、次の言語を習得することを考えている場合は通常よりもはるかに速く習得が容易となり手助けになります。

そして貴方がJavaScriptを学んでいく上で、何かで問題が起きた時、貴方に支援する準備ができている開発者の非常に大きなコミュニティが存在します。

JavaScriptコミュニティは他の言語と比較しておそらく世界最大のコミュニティなのは間違いありません。

確信的なデータはありませんが、コミュニティの人数は150万人以上でもあり、『GitHub』で最もタグ付けされた言語でもあるからです。

世界規模で最も人気のある言語の1つでもあるのがJavaScriptです。

ジョブ

貴方が転職して開発者になることを考えているなら、JavaScriptにはたくさんの機会があります。

JavaScript開発者の需要は非常に高いため、テクノロジーの世界でも最も高額な職種の1つとなっています。

JavaScriptはWebアプリケーションのフロントエンド市場で『独占』しているという声もあります。

その事実はすでに他の言語と比較して特権的な位置にそれを置いており

フロントエンドツール/フレームワーク/ライブラリがJavaScriptに基づいているということです。

ですが、フロントエンドで就職を考えてる方はJavaScriptは基本的に覚えるのは当たり前の世界となってきています。

なのでJSのライブラリやフレームワークの深い知識を付けていって下さい。

まとめ

当ブログでの説明は、JavaScriptを学ぶべき必要がある理由のほんのごく一部であり、JavaScriptが問題を解決するための最良のプログラミング言語であるかどうかの記事ではありません。

私、個人的な意見では今だに、今後学習するべき言語の中でJavaScriptはトップリストの中に存在しているはずです。

ほとんどの仕事では、複数の言語でコーディングなどができることが求められています。

ですがJavaScriptは初心者がキャリアの中ですぐに使用できるプログラミング言語であり

将来の開発に最適なスタートを貴方に提供します。

ほぼすべてのWebがそれに依存しているため、これは貴方にとって完全に将来性がある初心者に優しい言語となります。

初心者が1番最初に学ぶべき言語はJSではなく他にオススメしたい言語があるフロントエンドエンジニアの方々は是非コメントなどでお待ちしております。

最後まで読んで頂きありがとうございまました。

プライバシーポリシー